生活

マスク 肌荒れ

マスクをするようになって、肌荒れがひどい。ニキビができるようになった。

こんな状況が多いと思います。私自身も口の周りを中心にニキビができやすくなり、気になったので原因を色々と調べてみました。

調べた内容を公開するので、アナタの状況に当てはめて対策をしてください。

マスクによる肌荒れ、ニキビの原因は大きく分けて3つです。

・蒸れ

・乾燥

・マスクの繊維などによる摩擦の影響

これらが相互に関係してきますが、細かく説明します。

まずは、

・蒸れ

マスクの中は息などで高温多湿状態。状況としては最近が繁殖しやすい状況になっています。汗や皮脂も増えるので、ニキビの原因アクネ菌が繁殖する最適な環境です。

・乾燥

マスクをしていれば高温多湿状態ですが、マスクを外すことによって急激に温度が冷えて内部の湿気が発散されます。この時に一緒に肌水分も取られてしまうので、肌の乾燥が進んでしまいます。

・マスクの繊維などによる摩擦の影響

マスクの装着と取り外しで、繊維と肌が擦れます。擦れることによって肌の各層表面が削れてしまいます。肌のバリア機能も低下して、ちょっとした刺激にも反応しやすくニキビが発生しやすい状況になります。また、最近ではマスクを洗って何度か使われる方も多いですが、マスクの繊維内に残った洗剤成分が肌に刺激を与えてしまう要因の一つになっています。

これらの予防には、

・スキンケア

・蒸れたら汗を拭く

・マスクの素材を見直す

になります。

・スキンケア:潤いと脂分の調整ができる製品。

・蒸れたら汗を拭く:細菌の繁殖予防を目的として定期的に汗を拭きましょう。併せて保湿ケアをすると良いです。

・マスクの素材を見直す:肌に優しい素材をチョイス。吸湿性の効果があるマスクなどもあるのでチェックしてみてください。

当面は、マスクと仲良くしなければならない季節と状況が続くので、マスクを見直すだけである程度の予防が見込めそうですね。

-生活
-, ,

© 2021 ちょっと良い話。